ドッグフードであれば、何でも良いわけではない

「私は愛犬のために、無添加ドッグフードを使っている。」
こういうと、愛犬にとって良いことのように感じますが、無添加ドッグフードであれば何でもお構いなしに与えてはいませんか?
例えば愛犬にとって最も重要なのは動物性タンパク質なのですが、鶏肉/ラム肉/馬肉/鹿肉/魚/卵など、どれが多く含まれているかチェックする必要があります。
また無添加ドッグフードといっても、植物性タンパク質が豊富に含まれているものは注意をする必要があります。
何故なら植物性タンパク質(穀類)に含まれるトウモロコシ/大豆/小麦などはデンプンを消化する酵素を持っていないため、それをたくさん食べるだけで愛犬の内臓に負担が掛かってしまうのです。
無添加ドッグフードといっても、きちんと含まれている原料をチェックしないといけません。
参考:無添加ドッグフード

タグ:

もう遅刻するから化粧水つけるだけ!なんて方に

朝のお手入れ、夜のお手入れと女性にはお肌のために割かなければならない時間がありますよね。
けれども忙しい朝には面倒ですし、ちょっと夜更かしした時はお手入れよりも睡眠を優先しがちで、結局朝晩のお手入れはないがしろになりがち。
若いうちなら、それでも問題ないでしょうが、30代、40代と年齢を重ねていくうちに“ツケ”が回ってきますよね。
そんな時はお手軽なオールインワンゲルが最適です。
あれして、これして…という従来のスキンケアではなく、たった一つでおオールオーケーなオールインワンゲルで「時短」も「美肌作り」も一挙両得です。
オールインワンゲルは化粧水+乳液だけでなく美容液成分や美白成分、ひきしめ効果など一般的なスキンケアアイテムの成分を包括しているので安心してこれ一本に絞っても大丈夫。
これで遅刻しらずの寝不足しらずの美肌女子に変身♪ですね。

タグ:

小銭入れがついたキーケース

男性の財布が、小銭がたくさん入ってパンパンだと、かっこ悪いですよね。
出来たら、小銭入れと長財布を二つ持ち歩き、スマートに財布を使いこなしてほしいですよね。
しかし、女性と違って、多くの男性が持ち物は少なくすませたいもの。
そんな人は、キーケースに小銭入れがついたものを選んでみてはどうでしょう。
キーケースは普段持ち歩くものですから、荷物が増えることにはなりませんよね。
小銭とお札を分けて財布に入れる方が、お金が窮屈な思いをせずに長く財布に入っていてくれます。

ココマイスターにもこういった便利なキーケースが沢山あります。

ココマイスター

小銭入れがついたキーケースはひとつあると本当に便利です。

タグ:

白いヘビ革で金運アップ!?

折り込みチラシに、白いヘビ革の財布が4980円と出ていました。
チラシには、有名な神社で金運が上がるようにとご祈念も終えている財布だと書かれていました。
それを持ったとたんに、宝くじで当たった、金運がすごく上がったなど、購入者の体験談も添えられていました。
白い財布は、風水的にも良いですし、ヘビも財を増やすのでヘビ革は金運アップに良いとされています。
ですから、良いことずくめというわけです。
メンズ、レディースどちらでもよさそうなデザインでした。
値段も安かったので、主人にそのチラシを見せて気に入ったら購入しようと思いました。
しかし、主人はチラシを一目して一言・・「白い財布はいらん」とのこと。
メンズ財布コーナーに行くと、黒や茶色など、地味な色が多く並んでいます。
男性は比較的落ち着いた、あまり主張しないデザインや色の財布を好むものみたいですね。

タグ:

バカにできない引越し費用

最近友人が待望の家を購入しました。
あこがれのマイホームですが、今まで住んでいたアパートからの転居の際、
引越しの費用がかなりかかったようです。
家のローンでぎりぎりの生活をしている友人にとって経済的なダメージも大きかった様子。やはり
転居の際には、引越し業者見積もりが必須なんだなとしみじみと思いました。
家を購入して終わり、ではないんですね。本当は家を購入してから、引越しの費用に代表されるもろもろの費用、
家具など新しい家に合わせたインテリアなどまだまだお金は出ていくのです。
ですからぎりぎりでローンを組むのは危険です。
余裕をもってローンを組みたいのものです。

タグ:

電気はそこらじゅうに満ちている

ふだん「電気」ということをあまり意識しないと思います。
けれど、今の生活は電気に満ちています。
パソコンも電気、部屋の電気、携帯電話も電気、換気扇も電気、トースターも電気、FAXも電気、テレビも電気、集合住宅の廊下も電気、エレベーターも電気、電車も電気、踏切も電気…
意識していないので、停電になってはじめて、あまりにも動かないものが多いことに気がつきます。
だからこそ、電気は大切に使いたいものです。
電気は、ためておくことができないので、少しずつ節約しながら使っていくしかありません。
特に夏は、エアコンの使用が増えます。
供給量と予想需要量が毎日出ています。
そうした数値をチェックできるようになると、あなたも節電意識がかなり向上しているはずです。
太陽光発電の導入がすすんでいるのもこういった節電意識の浸透が背景にあるのです。
こんな感じです

タグ:

スキンケアだけでなく

肌ケアにはスキンケアだけでなく、日中のメイクも重要な要素となる。
特に乾燥肌の人は、日中にエアコンなどの影響で肌が乾燥しやすいため、メイクが肌ケアのポイントとなってくる。
まずはそのベースとなる素肌のケア。これは炭酸パックで整えておくといいだろう。
一番注意すべきはファンデーション選びだ。
ファンデーションには、基本のパウダー・リキッドのほか、クリームタイプ、美容液の混ざったものなどいろいろ種類がある。
さらにそれぞれに対して、年中用、春夏・秋冬など季節に応じたもの、水ありタイプといった種類があるのだ。
どれを選択するかで、肌への影響は異なる。
乾燥肌の人に選んでもらいたいのはリキッドだ。
半液体上のリキッドファンデーションは程よく肌を乾燥から守ってくれる。
仕上げにフェイスパウダーも使うので、防護力も強い。
今パウダーを使っていて乾燥に悩んでいる人には、ぜひ一度リキッドを試してもらいたい。

タグ:

白衣の天使という表現

知人が脳の中に腫瘍が出来ました。
そこは手術が出来ない所にあり、一生、検査・治療そして入退院を繰り返す事になってしまいました。
マイナスな事ばっかり考えていたそうですが、そんな時に出会ったナースは親身になって話を聞いてくれてたそうです。最近は全国的な看護師不足。
ナース募集をしてもなかなか集まらないのだそうです。
時には愛情をもって叱咤激励をされて随分気持ちが楽になったと言ってました。
軽い病気や怪我で簡単に治るものならいいですが、重い病気や大怪我でしばらく入院となると、どんな人でも不安になるものです。
ネガティブになるのも不思議ではありません。
そんな時優しいナースや明るいナースに出会うと心が少し軽くなるという話はよく聞きます。
まさに白衣の天使というのはピッタリな表現ですね。
未婚だし、他にもまだまだやりたい事があるのに活動なども色々と制限されてしまい、まさに人生お先真っ暗という感じ。

タグ:

ネットの個人情報

個人情報保護法では、個人情報とは個人を特定できる情報だそうです。
氏名や住所なんかはもちろんそうですが、メアドはどうなんでしょうか。

おそらくメアドだけではちょっと個人は特定しずらいでしょう。
でも、他の情報と相まって個人を特定できる場合は個人情報にあたるのだそうです。
ネットでは、メアドを入力していろいろな情報を簡単に手に入れることができます。いつも使うメアドも使いすぎるとDMメールばかりになってしまいます。
そこで、使い捨てのメアドを取るというのは皆さんやってると思います。
やはり、携帯のメアドなどはなるべく丁寧に使いたいものですね。
スマホの場合はフリーメールが簡単に使えるのでいいかもしれません。

パソコンライフもどんどん変わってきてるので、有利な方法は取り入れたいと思います。

タグ:

メガネ一家

よく兄弟姉妹でメガネをかけている人達がいます。
そして、その中にはお父さん、お母さんもメガネをかけている場合がよくあります。
つまり、一家揃ってメガネをかけているわけです。
こうしたメガネ一家というのは珍しくありません。
こういうケースを見ていると視力も遺伝するのかな…なんて思ったりします。
もちろん、視力悪化の原因はテレビの見過ぎ、ゲームのやり過ぎ、勉強のし過ぎなど後天的な要因もあります。
しかし、遺伝的要因もやはりあるようです。
というのは視力が悪くなりやすい目の形などが遺伝するからだそうです。
でも、今はたとえ視力が悪くてもコンタクトレンズのようにメガネ以外の選択肢があります。
特に若い女の子はメガネを嫌うことが多いです。
ですから、メガネ一家というのは段々減るかもしれませんね。

タグ:

発達障害は記憶力がいいのか?忘れっぽいのか?

発達障害というものが、世間的にも広く認知されるようになってきました。
特に驚異的な記憶能力を持つ方もいて、よく話題になります。
発達障害といっても、さまざまな特性を持つ方がいますが、感情・場の空気など目に見えないものを感じ取る能力が弱い方が多いです。
そして言葉を理解する能力に障害があります。
ですから、言葉で注意してもなかなか理解出来ません。
そして、『分からない』と本人から言えない場合、注意した方は理解したものとして行動してしまうでしょう。
でもまた同じ失敗をして、怒られて……。
これを繰り返すことによって『発達障害=忘れっぽい・注意力がない』という誤解を招き、当事者は自信をなくして二次障害を煩ってしまう方が多いようです。
見た目は変わらずとも、感覚はかなり異なります。
お互いがいかに歩み寄れるかが、生きやすい社会を作る為の大きな鍵となるでしょう。

タグ: